島津ホールディングス株式会社

採用

インタビュー

鵜野 梨奈
株式会社北都 制作企画部 企画課(2016入社)
鵜野 梨奈Rina UNO
新潟大学 人文学部 卒

「調べて、取材して、文章を書く」が今の私の仕事。

 情報収集、企画書・レイアウト・原稿・キャッチコピー・ネーミングなどの作成、取材、撮影、原稿校正…。時には全体のディレクションも企画課の仕事です。現在、私は主に先輩や上司のアシスタントとして、先輩にチェック&フォローをしてもらいつつ、情報誌やWebの記事制作をしています。最近では、クライアントが発行する季刊情報誌内「地元のお店紹介」の記事を担当しました。店舗へのアポ取りから取材・撮影、誌面のレイアウトまでを初めて一貫して任された仕事です。伝えるべきことをいかに的確に、正確に、魅力的に書ききるか。読者や掲載媒体、載せるモノ・ヒト・コトのイメージを常に意識しながら決められた文字数で表現するのは本当に難しいと感じています。

良くも悪くも自由に仕事をさせてくれる会社です。

 会社には尊敬できる先輩がたくさんいます。毎日、見習おうと思える人と仕事ができる環境はとても恵まれているなぁと感じますね。どの仕事も、まずは自分の考えにそって作業を進めます。不明点や不安な部分は聞けばさっと教えてくれます。悩んだり困っていると色んな所から助言が飛んできて、あっという間に参考資料の山になることもあります。書いた原稿にバッサリとダメ出しされると、毎回落ち込みますが、必ず新しい気付きと学びがあります。企画課の業務はもちろん、仕事の進め方には型にはまったルールや正解がありません。何をしたら良いのか分からず困るときもあるけれど、何でもさせてくれる懐の深さは大きな魅力だと思っています。

最後は「人」で選んで欲しい。

 どんな仕事があるのか、自分は何をしたいのか、どんな仕事なら楽しく続けられるのか…。就職活動中は分からないことだらけで、何が分かっていないのかも分からず、途方に暮れることもあると思います。そんな時は、ぜひ「一緒に働きたい人がいるかどうか」を基準に会社を見て欲しいです。やりたいと思える気持ちがあれば、どんな仕事も楽しめるし、このご時世、必然的に多岐にわたる業務をこなさなければならず、皆さんが思っている以上にいろんな仕事をすることになります(笑)ですので、「何をするか」よりも「誰とするか」を大切にしてほしいですね。