島津ホールディングス株式会社

採用

インタビュー

鵜川 康彦
株式会社北都 中越営業部(2009年入社)
鵜川 康彦Yasuhiko UKAWA
新潟大学 人文学部 卒

印刷物をメインにクライアント密着型の営業を行っています

 クライアントを訪問しご要望をうかがって形にしていく、それが私たちの仕事。当社の取引先はほぼ100%が法人で、以前から継続して受注する案件も多いですが、醍醐味は新規開拓の案件。できあがった物を売るのではなく、企画やデザインを考え提案して新しいクライアントから受注を得たときの喜びは本当に大きいです。また、当社は企画・デザインから製造・納品まで、一貫した生産ができ、営業はその全てにかかわることができます。クライアントと社内との橋渡しをしながら、ゼロからものづくりを成し遂げる、そんな仕事です。

逃げたくなる思いで試行錯誤して完成したパンフレットが新聞で紹介された

 既存クライアントからのご紹介で3店舗合同のパンフレットを作る依頼がありました。系列店でも同業でもなく、「地域の仲間」という珍しい形で作るパンフレットです。3店それぞれ業種が違い、推したい情報やデザイン感覚も異なる中、当社デザイナーの強力なバックアップも得て、全てのお店にご満足いただけるものが完成しました。しばらくして、地元の新聞にそのパンフレットが紹介されていました。とても気に入ってくれたクライアントが、是非にと新聞社に持ちかけたのだそうです。このときは震えがくるほどうれしかったのを覚えています。

「ものづくり」ができる社内環境があった

 学生時代から「ものづくり」に強い憧れを持っていました(今もそうですが)。また国文学を専攻して本をはじめとする紙媒体に親しんでいたということもあり、自分の興味関心を仕事につなげるという意味で印刷業はもってこいでした。その中で北都は人間関係がよく、企画から営業、製造まで楽しい先輩がそろっているということで、この会社に決めました。