島津ホールディングス株式会社

採用

インタビュー

村上 愛
島津印刷株式会社 新潟事業部(2016入社)
村上 愛Megumi MURAKAMI
長岡造形大学 造形学部 卒

家族的だけどアグレッシブな社風

 学生時代の専攻は造形学部で友人はデザイナー希望が多く、就活で営業職を希望していたのは私だけでした。最初から営業として成長したいという気持ちが強く、最終面接で「営業として私を成長させてもらえますか?」と問いかけたところ、「もちろん成長させてみせる」という社長の言葉で入社を決意しました。島津グループは新しい事へチャレンジする社員に寛容で、後押しをしてくれる社風。新しい試みを実行しようと思っても社内に壁があると躊躇してしまうものです。グループスローガンに「Try and error for Success」とあるとおり、当社は前向きなチャレンジに結果だけを求めません。失敗を恐れずに営業に挑める環境は非常に心強いです。

入社してからのギャップ

 学生時代はデザインを専攻し、自分でポスターや雑誌広告・CIデザインを作っていました。 昔は自分の好きなものを思い通りに自由にデザインしていましたが、今はデザインを行うときは、お客様の要望やデザイナーのこだわり、更に自分の提案を取り入れる中でジレンマが生じます。私なりに『こうした方が良くなるのに』と思っていても、お客様が望まなければ不採用となります。
 自由に作っていた学生の頃と、デザインや印刷を仕事にしている今との違いを感じています。
 将来的には「できないことをどうしたらできるようになるか」、お客様が納得して結果の出る提案やデザインを自分がハンドリングして動かしていけるようになりたいです。

就活は悩め、楽しめ!

 就活はいつから始めるのか、何を準備しておけば良いのか、慣れないことばかりで本当に不安でした。それまでは友達と一緒にいればどうにかやり繰りできていたことが、いきなり自分一人にフォーカスが当たり、女子がマラソン大会のとき友達にお願いする「一緒に走ろうね」が言えない、孤独と戦う感覚だったかもしれません。私は周りの友人よりも就活している期間は短かったけれど「自分は何がしたいのか」「何ができるのか」を毎日考えていました。センター試験のように点数が良ければ上というものではなく、早く内定が決まったから優秀というわけでもないと思います。
 「自分が他の人より勝る部分はなんだろう。」「自分の価値ってなんだろう。」とみんなが本気で考えると思います。あまり自分について深く考える機会もないと思うので、悩むことも含めて就活を楽しめたら、社会人になってからの糧になるのではないでしょうか。